■プロフィール

行実正明

Author:行実正明
志は高く、腰は低く 「日本一真面目に
保険を考える男」
1962年、福岡県生まれ
中小企業経営、信用金庫勤務
を経て、2003年
外資系生命保険会社入社
2級FP技能士、2級DCプランナー
モットーは、
◎売り込まない
◎欺かない
◎他社を誹謗中傷しない

■最近の記事
■為替ニュース

blogparts by 外国為替FX@比較

■為替レート

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■ blog の紹介

「外資系生命保険営業マンが 会社に秘密で書くブログ」 http://plaza.rakuten.co.jp/ yukizane/               「生命保険の理解度5倍UP! 専門的になり過ぎない保険の話」 http://blog.livedoor.jp/ geoyukizane/

■リンク
■メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご質問・資料請求など お待ちしています。

■スティッカム
■プチマネープランナー

貯金目標金額と1ヶ月に貯める金額を設定して計算ボタンをクリックすると、目標金額を達成するまでの期間が表示されます。 1年後、5年後にいくら貯まっているかもわかりますよ。 このブログパーツでいっぱいお金を貯めましょう。

■フリーエリア

■FC2ブログランキング
■メルマガの登録・解除はこちらから

メルマガ登録・解除
外貨建て保険で50万円貯めて、海外旅行に行こう!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

■米ドル

■ユーロ

■豪ドル

■RSSフィード
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■月別アーカイブ
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドルペックと通貨バスケット
世界には200近くの国がありますが、独立して変動相場制を
採っている国は、アメリカ、ユーロ圏、日本など少数の国です。

世界の大半の国が自国の通貨相場を米ドルに連動させるドルペック制や
自国の通貨を複数の外貨に連動した固定相場制をとる通貨バスケット制を
採用しています。

代表的な通貨バスケット制採用国は、中国、シンガポール、ロシアです。

世界の大半の国が、米ドルや主要通貨バスケットに対し、
為替相場を安定させる政策を採っています。

外貨投資の対象は世界どの国の通貨でもいいという訳にはいかず、
変動相場制を採用している国の通貨が主な対象になります。



スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

外国為替の基礎知識 | 21:08:18 | Comments(0)
NYダウとナスダック
経済や金融のニュースでNYダウとか、ナスダックという言葉を
耳にしたことはありませんか?

世界の金融の中心地であるNYでの動きが、日本をはじめ世界経済に
大きな影響を与えます。

ニューヨーク証券取引所(NYSE=ナイス)は、
ニューヨークにある世界最大の証券取引所です。

1792年に24人の仲買人による「すずかけ協定」によって設立されました。
世界一上場審査が厳しいとされ、上場企業数は約2,800社で、
そのうち外国企業は約460社(47の国・地域)です。

取引時間は、日本時間で23:30~6:00になります。

ニューヨーク証券取引所の代表的な株価指標は、ダウ・ジョーンズ社が発表する
「ダウ工業株30種平均」(Dow Jones Industrial Average)です。


ニューヨーク証券取引所と並ぶアメリカの代表的な株式市場にナスダック
があります。

ナスダックとは、National Association of Securities Dealers Automated
Quotationsの略です。

NASD(全米証券業協会)が運営する株の取引システムで
店頭取引システムによる市場です。

東京証券取引所やニューヨーク証券取引所のような建物内の取引ではありません。
ナスダックはアメリカのベンチャー企業向けの株式市場で、
マイクロソフトやインテルといった世界的なハイテク株が上場しています。

ナスダック市場の動きを示すナスダック指数は、NYダウとともに世界の株式市場に
大きな影響力を持っています。

NYダウとナスダック指数は対象企業が違うことがあるので、NYダウは安定して
いるのに、ナスダックは暴落しているといったことも起こります。



テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

外国為替の基礎知識 | 21:00:56 | Comments(1)
CB消費者信頼感指数
CB消費者信頼感指数とは

経済ニュースで消費者信頼感指数という言葉を耳にしたことがありますか?

CB消費者信頼感指数とは、米民間調査会社であるコンファレンス・ボードの
アンケート調査で、現在と将来(半年後)の景況感、雇用状況、
所得(購入計画)など5項目に対する消費者マインド(楽観もしくは悲観)を
指数化したものです。

個人消費との相関性が高いことから、今後の金融政策を占う上で見逃せない
米経済指標の一つとされています。

ちなみに8月の消費者信頼感指数は56.9と、インフレ懸念緩和を背景に
前月の51.9から予想以上に改善し、5月以来の高水準となりました。

インフレ期待を示す指数が7月の7.5%(7.6%から下方修正)から
6.7%に低下したことから、物価上昇を懸念する連邦準備理事会(FRB)
当局には安心材料になったとみられています。

アメリカ経済が飛躍的に回復していることを示しているわけではないが、
安定化の兆しが見えており、今後もこの状況を維持していけば、
回復に向かうのではないかという見方も出ています


テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

外国為替の基礎知識 | 00:01:06 | Comments(0)
為替とは(動画版)
外貨投資はリスクが怖い!という方のために

為替について解説します。


夏季休暇を利用して制作しました。




テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

外国為替の基礎知識 | 14:21:47 | Comments(0)
ドルコスト平均法
「ドル・コスト平均法」という用語を耳にしたことはないですか?

実は、値動きのある金融商品を同じ金額ずつ買い付けていくという
単純な運用方法のことです。

この方法で投資信託とか、株式とか、金など値動きのある金融商品を
「等間隔、等金額」で積み立てすると、同じ口数(等量)ずつ買付けていくよりも
平均取得価格が低くなるため、投資効率がよいといわれています。

というのも同じ金額ずつ買い付けるので、価格の高いときは少ししか買わず、
価格が低い時にはたくさん買えることになるからです。


長期投資向きの運用方法です。


もし資金に余裕があり運用知識が豊富なら、
投資対象が値下がりしたときにまとめて購入して、
高くなったときに売る、

これに限るのですが…


テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

外国為替の基礎知識 | 07:19:37 | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。