■プロフィール

行実正明

Author:行実正明
志は高く、腰は低く 「日本一真面目に
保険を考える男」
1962年、福岡県生まれ
中小企業経営、信用金庫勤務
を経て、2003年
外資系生命保険会社入社
2級FP技能士、2級DCプランナー
モットーは、
◎売り込まない
◎欺かない
◎他社を誹謗中傷しない

■最近の記事
■為替ニュース

blogparts by 外国為替FX@比較

■為替レート

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■ blog の紹介

「外資系生命保険営業マンが 会社に秘密で書くブログ」 http://plaza.rakuten.co.jp/ yukizane/               「生命保険の理解度5倍UP! 専門的になり過ぎない保険の話」 http://blog.livedoor.jp/ geoyukizane/

■リンク
■メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご質問・資料請求など お待ちしています。

■スティッカム
■プチマネープランナー

貯金目標金額と1ヶ月に貯める金額を設定して計算ボタンをクリックすると、目標金額を達成するまでの期間が表示されます。 1年後、5年後にいくら貯まっているかもわかりますよ。 このブログパーツでいっぱいお金を貯めましょう。

■フリーエリア

■FC2ブログランキング
■メルマガの登録・解除はこちらから

メルマガ登録・解除
外貨建て保険で50万円貯めて、海外旅行に行こう!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

■米ドル

■ユーロ

■豪ドル

■RSSフィード
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■月別アーカイブ
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
損する人得する人
日本長期信用銀行の破綻処理に日本政府は約7兆9000万円の公的資金を
投入しました。

この旧日本長期信用銀行を投資ファンド、リップルウッドHが1210億円で
買収し、新生銀行としての再上場で約1兆円を稼いだと云われています。

結果的に日本長期信用銀行処理において得をしたのはリップルウッド、
損をしたのは日本政府、および貸し剥がしにあったマイカル以下の日本企業
と言えるでしょう。

今回のリーマンブラザーズ証券の破綻で、まず損をしたのは
世界各国の投資家、日本ではあおぞら銀行や日本生命などの
機関投資家があげられます。

http://www.asahi.com/business/update/0916/TKY200809160111.html


得をしたのは…

現時点では全く想像もつきませんが…



私が推理作家ならば、

「アメリカ国内の不良債権がアメリカ国外に転化された」
ということぐらいは書くでしょう。

「疑い深い」と批判されるでしょうけど!



スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

経済一般 | 23:59:20 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。