■プロフィール

行実正明

Author:行実正明
志は高く、腰は低く 「日本一真面目に
保険を考える男」
1962年、福岡県生まれ
中小企業経営、信用金庫勤務
を経て、2003年
外資系生命保険会社入社
2級FP技能士、2級DCプランナー
モットーは、
◎売り込まない
◎欺かない
◎他社を誹謗中傷しない

■最近の記事
■為替ニュース

blogparts by 外国為替FX@比較

■為替レート

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■ blog の紹介

「外資系生命保険営業マンが 会社に秘密で書くブログ」 http://plaza.rakuten.co.jp/ yukizane/               「生命保険の理解度5倍UP! 専門的になり過ぎない保険の話」 http://blog.livedoor.jp/ geoyukizane/

■リンク
■メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご質問・資料請求など お待ちしています。

■スティッカム
■プチマネープランナー

貯金目標金額と1ヶ月に貯める金額を設定して計算ボタンをクリックすると、目標金額を達成するまでの期間が表示されます。 1年後、5年後にいくら貯まっているかもわかりますよ。 このブログパーツでいっぱいお金を貯めましょう。

■フリーエリア

■FC2ブログランキング
■メルマガの登録・解除はこちらから

メルマガ登録・解除
外貨建て保険で50万円貯めて、海外旅行に行こう!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

■米ドル

■ユーロ

■豪ドル

■RSSフィード
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■月別アーカイブ
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
世界の保険会社
  AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)
経営危機のおかげで今や最も有名な保険会社となったAIGですが、
日本と深い関係を持った保険会社です。
アメリカを代表する保険会社ですが、
ジャパニーズ・インターナショナル・グループといってもいいような会社です。

AIGの創業者は、ユダヤ系のコーネリアス・バンカー・スターです。
彼は1919年に東京経由で上海に降り立ったときには、
約330円しかポケットに入っていなかったと云われています。
その後、生命保険事業に着手し、西欧の保険会社が誰も手を付けなかった
現地中国人向けに生命保険を販売するアジア生命保険を設立しています。

創業者のスターは、1946年に連合国軍総司令部(GHQ)の要請を
受けて、日本駐留米軍の資産の保険を開始します。
これがAIGの発展の基礎となっていくのです。

米系保険会社、特にAIGが政治力を発揮したのが、
1994年の日米保険協定です。

保険の第一分野というのは、従来型の死亡保障メインの生命保険、
第二分野は従来型の損害保険です。
それ以外の医療保険、傷害保険、介護保険などを第三分野といいます。

日本では1994年までは規制が厳しく外資の参入は非常に困難でした。
ところが保険の規制緩和によって、第一と第二分野は競争を促すが、
第三分野には外資と日本の中小会社に進出を優先的に認めたのです。

その陣頭指揮をとったのが当時のAIGのCEOであるグリーンスバーグです。
彼はクリントン政権と非常に親しい関係があったことでも知られています。



AIGやアフラックなどのアメリカ系企業が第三分野を席巻した後の、
2001年になってようやく日本の大手生保の参入が認められ、
その半年後に日本の損保の参入がようやく認められました。
そのおかげでAIGやアフラックの生保事業の利益のかなりの部分は、
日本市場から生まれています。

本山美彦教授によれば、日米保険協定は自由化の名をかたった規制です。

つまりアメリカの主張する自由化とは、米国企業に日本の保険市場へ参入させ、
逆に日本の大手生損保や簡保には制限するという国益丸出しの要求です。
だからと言ってダブルスタンダードが誤りというのではなく、
日本以外の諸国は国益を強く主張するのが普通であり、
国益をあまり主張しない日本は世界的に見て例外的なのではないでしょうか。

また日本の保険業界もGNP営業による死亡保障偏重商品や更新型商品、
リスク未細分化商品にあぐらをかき、日本の消費者のニーズに見合った
商品提供を怠っていたと思うのですが…


郵政民営化を果たしたアメリカの最終的な狙いは公的年金や公的医療保険など
日本の公的社会保障制度の崩壊とアメリカ企業の進出です。

マイケル・ムーアの映画「シッコ」で紹介された内容が
日本の将来の姿にならないように優れた日本の社会保障制度を守らねばなりません。

アラ探しばかりに奔走するマスコミは、日本国民に日本の公的社会保障制度が
いかに悪いかの情報をタレ流しすることの結果がどうなるかを考えたことがあるのでしょうか。

それにしても社会保険庁とその組合はひどすぎますが…


アリコのCMが相変わらずテレビで流れています。
親会社と日本の保険事業とは別経営とはいえ、
かつてのパナソニックのように、「ご迷惑おかけしました」とか
「ご心配おかけしました」などの内容の方が、
日本人の琴線に触れると思うのですが・・・




スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

生命保険業界 | 19:21:14 | Comments(7)
世界の保険会社
日本での知名度は低くても、世界的規模の保険会社がたくさんあります。

外資系保険会社は、アリコやアフラックだけではありませんよ



 アリアンツAlianz(ドイツ)
ドイツの保険大手のアリアンツは1890年に設立された保険・金融サービス企業で、
世界70ヶ国以上の国で営業しています。ドイツでは生命保険・損害保険業界首位、
イタリアでは生命保険・損害保険業界2位、フランス、スペインでは損害保険で
業界3位の実績を有しています(2007年度)。

そのアリアンツは、傘下のドイツ3位のドレスナー銀行をドイツ2位のコメルツ銀行に
98億ユーロ(約1兆5600億円)で売却を予定しています。

ドレスナー銀行をめぐっては、中国政府系の国家開発銀行も売却候補に
名が上がっていましたが、中国資本を警戒するドイツ国内の感情に配慮した政治的判断から、
売却を見送っています。


  世界損害保険純資産ランキング
順位      社名         純資産    総収入
1  アリアンツAlianz(ドイツ)14113億ドル  1355億ドル
2  AIG(アメリカ)     9794億ドル 1092億ドル
3  チューリッヒFS(スイス)  3738億ドル 650億ドル
4  ハートフォード(アメリカ) 3267億ドル 265億ドル
5  ミュンヘン再保険(ドイツ) 2892億ドル 621億ドル
6  バークシャー・ハザウェイ(アメリカ)2484億ドル 985億ドル
7  スイス再保険(スイス)   2346億ドル 324億ドル
8  ステートファーム(アメリカ) 1702億ドル 605億ドル
9  オールステート(アメリカ) 1575億ドル 357億ドル
10  ミレアHD(日本) 1389億ドル     340億ドル
  出典:世界業界地図2008
 



テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

生命保険業界 | 20:41:30 | Comments(4)
円高ウォン安
韓国政府は19日、中央銀行が約3兆円を市場に供給することなどの金融安定化策を発表しました。急激なウォン安ドル高に対応し、ドル資金調達難を緩和するためです。

韓国の国内銀行が海外金融機関と外貨取引する際も、
3年間は政府が約10兆円まで保証するということです。

というのもウォンの対ドル相場は1月1ドル930ウォン台でしたが、
10月には1300ウォン台となっています。

対円に対しても同様で、10月17日現在で7.89円です。
(三菱東京UFJ銀行 外為 対顧客電信売相場)

韓国国内の韓国外換銀行では、パスポートさえあれば外国人でも預金口座が作れます。
解約はどの支店でもできます。

韓国に頻繁に旅行に行く方は、チャンスかもしれませんよ。




テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

外国通貨 | 11:33:49 | Comments(0)
世界の保険会社
日本ではなじみがありませんが、世界的な保険会社を
紹介していきます。


ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)1930~
アメリカの伝説的な投資家・経営者。オハマの賢人とも云われます。
世界最大の投資会社バークシャー・ハサウェイの最高経営責任者。

ビル・ゲーツと組んで世界最大の慈善団体に寄付をしたことでも知られます。

バフェットが投資する基準としては、事業内容が理解でき、
長期的に業績が良いことが予想され、経営者に能力があり、
魅力的な価格であることを挙げています。

また、今回のアメリカ金融危機でゴールドマンサックスに50億ドル、
GEに60億ドルの投資を発表し、アメリカ経済界から称賛の拍手を受けた人物です


彼の半生はマンガ本にもなっていますので、気軽に知ることができます。


バークシャー・ハサウェイ
ウォーレン・バフェット率いる世界最大の投資会社で、コカ・コーラや
アメリカン・エキスプレスの筆頭株主としても知られます。

傘下にジェネラル・リーやゲイコなどの保険子会社を有します。
子会社はアメリカの財産と損害の保険/再保険サービスを提供するとともに、
再保険会社への保険金支払いの保証のための「再々保険」も行なう
世界最大の再々保険会社でもあります。


    世界損害保険純資産ランキング
順位      社名         純資産    総収入
1  アリアンツAlianz(ドイツ) 14113億ドル    1355億ドル
2  AIG(アメリカ)        9794億ドル     1092億ドル
3  チューリッヒFS(スイス)   3738億ドル     650億ドル
4  ハートフォード(アメリカ)  3267億ドル     265億ドル
5  ミュンヘン再保険(ドイツ) 2892億ドル     621億ドル
6  バークシャー・ハザウェイ(アメリカ) 2484億ドル  985億ドル
7  スイス再保険(スイス)    2346億ドル 324億ドル
8  ステートファーム(アメリカ) 1702億ドル   605億ドル
9  オールステート(アメリカ) 1575億ドル   357億ドル
10  ミレアHD(日本)  1389億ドル     340億ドル
  出典:世界業界地図2008




テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

生命保険業界 | 21:47:33 | Comments(3)
世界の保険会社
AIGの生保部門売却方針発表により多くの生命保険会社が
名乗りを上げています。

そこで改めて海外の保険会社について簡単に紹介していきます。


アヒルを使ったCMで有名なアフラック(アメリカン・ファミリー保険)は、
1955年にエイモス3兄弟(ウィリアム、ジョン、ポール)によって
ジョージア州コロンバス市で設立されました。

日本ではガン保険のマーケットを開拓した先駆者であり、
多くの日本人にガンのリスクを認識させた功労者です。

大阪万博見学のために来日したジョン・B・エイモスが、
日本人の多くが白いガーゼのマスクをしているのを見て閃き、
日本マーケットの将来性を確信し、
1974年に日本での免許を得ました。

同社にとっても、今や日本マーケットで同社全体の7割の収益を上げるほど
日本は重要な市場です。

外資系企業の中でも法人申告所得が日本IBMに次ぐ第2位の額で、
保有契約数も1500万件を突破し、
日本の4世帯に1世帯がアフラックに加入していることになります。

今回のアリコの身売りでも、高い関心を示しています。

アメリカ本国ではAIGの約6分の1の規模しかないので、
買収すれば「小が大を飲む」ことになります。


そのアフラック・ジャパン社長のチャールズ・レイク
(2003年就任、現会長)は、USTR(米国通商代表部)日本部長、
次席通商代表付法律顧問などを歴任した人物です。

また在日米国商工会議所(ACCJ)会頭も2期つとめています。



日米貿易摩擦交渉の裏表を知り尽くした人物で、

小泉政権下での郵政民営化や公的健康保険制度の見直しを…


日本では天下りが問題になっていますが、
実はアメリカは日本と比べものにならないほどの天下り国家です。


ただし、日本では能力的に問題ある人も天下りしますが…




テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

生命保険業界 | 23:55:28 | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。