■プロフィール

行実正明

Author:行実正明
志は高く、腰は低く 「日本一真面目に
保険を考える男」
1962年、福岡県生まれ
中小企業経営、信用金庫勤務
を経て、2003年
外資系生命保険会社入社
2級FP技能士、2級DCプランナー
モットーは、
◎売り込まない
◎欺かない
◎他社を誹謗中傷しない

■最近の記事
■為替ニュース

blogparts by 外国為替FX@比較

■為替レート

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■ blog の紹介

「外資系生命保険営業マンが 会社に秘密で書くブログ」 http://plaza.rakuten.co.jp/ yukizane/               「生命保険の理解度5倍UP! 専門的になり過ぎない保険の話」 http://blog.livedoor.jp/ geoyukizane/

■リンク
■メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご質問・資料請求など お待ちしています。

■スティッカム
■プチマネープランナー

貯金目標金額と1ヶ月に貯める金額を設定して計算ボタンをクリックすると、目標金額を達成するまでの期間が表示されます。 1年後、5年後にいくら貯まっているかもわかりますよ。 このブログパーツでいっぱいお金を貯めましょう。

■フリーエリア

■FC2ブログランキング
■メルマガの登録・解除はこちらから

メルマガ登録・解除
外貨建て保険で50万円貯めて、海外旅行に行こう!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

■米ドル

■ユーロ

■豪ドル

■RSSフィード
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■月別アーカイブ
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
黎明の詩人 加藤介春
福岡市総合図書館で開催されている企画展「黎明の歌 詩人・加藤介春」
及び松本常彦九州大学大学院教授による文学講座「加藤介春と自然主義詩」
に参加しました。

加藤介春展

加藤介春(1885~1946)

福岡県田川郡上野村(現福智町)出身で、本名は寿太郎。
日本の新しい詩の創造に努めた詩人である。
早稲田大学英文科在学中に詩作活動に入り、
口語自由詩運動を牽引し、日本の近代文学史に名を残した。
なお同期生には、若山牧水や土岐善麿がいる。
介春は、1905年、人見東明、片上伸、水野葉舟、原田譲二らと
東京韻文社を結成し、雑誌「白鳩」を創刊した。
さらに1907年、島村抱月のすすめで相馬御風、人見東明、
三木露風、野口雨情らと早稲田詩社を結成し、
これを推し進める形で、1909年には、
人見東明、山村暮鳥、福田夕咲、三富朽葉、
今井白楊らと自由詩社を結成し、「自然と印象」を創刊した。
大学卒業後、坪内逍遥の紹介で九州日報に入社し、
翌年、弱冠27歳で編集長に抜擢されたが、
1912年、紙上で連載した「恋の大学生」を巡って、筆禍事件に遭い、
未決囚として拘置された。
詩集には、「獄中哀歌」、「梢を仰ぎて」、「眼と眼」、
「現代詩人全集、第七巻・加藤介春集」、「黎明の歌」、
「加藤介春全集」がある。
荻原朔太郎、西條八十、北原白秋、火野葦平とも親交があり、
また夢野久作や原田種夫を指導した。
いわば福岡の近代文学の黎明を拓いた先駆者である。

【みんな寝ようよ】
さあ、みんな
寝ようよ 夜が来たんだ。

山が静かになつたらう、
木も鳥も風も寝てしまうたのだ。

おれたちは今、手のさきに翼を感ぜず、
足のさきに水掻きを感ぜず、
手も足もいらなくなつたのだ。

おれたちの代りに、もう、
びつちやげた石があたまをもたげてゐる、
皺くちやの蝙蝠が飛んでゐる、
とんがつた夜行列車が走つてゐる、
それをあのつめたい月の眼が眺めてゐる。

さあ、おれたちは椅子をあけよう、
この古いこはれた椅子の上の空間には
ふしぎなデッドマスクが来て坐るだらう。

おれたちのものではない
異様な夜の世界が来たのだ――

さあ、みんな寝ようよ、
そしてもし、眠られぬなら、
ぢつと眠つた風をしてゐようよ。
加藤介春講演会


加藤介春(かとうかいしゅん) yahoo!百科事典
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E4%BB%8B%E6%98%A5/

私を直接知っている人は、どうして近代詩なんか
と訝るでしょう。


でも理由は単純です。



遠縁にあたる方なので…




スポンサーサイト


その他 | 22:58:01

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。