■プロフィール

行実正明

Author:行実正明
志は高く、腰は低く 「日本一真面目に
保険を考える男」
1962年、福岡県生まれ
中小企業経営、信用金庫勤務
を経て、2003年
外資系生命保険会社入社
2級FP技能士、2級DCプランナー
モットーは、
◎売り込まない
◎欺かない
◎他社を誹謗中傷しない

■最近の記事
■為替ニュース

blogparts by 外国為替FX@比較

■為替レート

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■ blog の紹介

「外資系生命保険営業マンが 会社に秘密で書くブログ」 http://plaza.rakuten.co.jp/ yukizane/               「生命保険の理解度5倍UP! 専門的になり過ぎない保険の話」 http://blog.livedoor.jp/ geoyukizane/

■リンク
■メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご質問・資料請求など お待ちしています。

■スティッカム
■プチマネープランナー

貯金目標金額と1ヶ月に貯める金額を設定して計算ボタンをクリックすると、目標金額を達成するまでの期間が表示されます。 1年後、5年後にいくら貯まっているかもわかりますよ。 このブログパーツでいっぱいお金を貯めましょう。

■フリーエリア

■FC2ブログランキング
■メルマガの登録・解除はこちらから

メルマガ登録・解除
外貨建て保険で50万円貯めて、海外旅行に行こう!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

■米ドル

■ユーロ

■豪ドル

■RSSフィード
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■月別アーカイブ
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
南アフリカランド
南アフリカ共和国は金やダイヤモンドの資源国である一方、1994年の民主化以降、
急速に工業国家として成長経済の路線を歩んでいます。
何といっても2010年には、FIFAワールドカップが開催されます。
世界的に注目されるスポーツイベントなだけに
今から大きな経済効果が期待できそうです。

最近は続々と南アフリカの通貨ランド(ZAR)を扱う証券会社等が増えてきています。

どうして南アフリカランドが人気なのかというと、
日本では考えられないような高金利だからです(金利11%)。

次に、南アフリカランド円の為替レートですが
南アフリカランド相場は、2001年末には約11円でしたが、世界的な資源価格高騰で
2004年には1ランド=約18円まで上昇しています(2008年3月25日現在は約12.39円)。

詳しくは、南アフリカランド円のチャートが見ることのできるサイトがあるので、
こちらを参考にしてください。
http://finance.yahoo.com/q?s=ZARJPY=X
http://trade.mygaika.com/trade/web/minichart.do
http://marketwatch.karou.jp/kawase-ZARJPY.html

いいことばかり紹介しましたが、南アフリカのリスク要因は、
●金価格の下落
南アフリカは資源国です。
南アフリカの主要輸出品の金の価格が、南ランドの為替相場にも影響を与えます。
とはいっても最近は金の価格もずっと上昇していますが…
●インフレ
金利が高いことは、裏をかえせばインフレであるということです。
●失業率
20%を超える高い失業率と貧困、治安の悪さです。

南アフリカランドはエマージング(新興国)通貨であり、ランド市場が小さいため
為替変動の大きい通貨であることをお忘れなく!

南アフリカランドに関心のある方は、こちらのサイトを参考にして下さい。
http://www.南アフリカランド.com/
http://fxzar.blog54.fc2.com/
http://1192datusara.livedoor.biz/

スポンサーサイト


テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

外国通貨 | 06:21:52 | Comments(1)
コメント
五十肩と太ももダイエット
加齢などによって柔軟性が低下した肩関節周囲の組織が傷ついて炎症を生じ、肩の痛みや運動制限をおこした状態 http://andintity.sabellsenterprises.com/
2008-11-22 土 03:23:00 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。