■プロフィール

行実正明

Author:行実正明
志は高く、腰は低く 「日本一真面目に
保険を考える男」
1962年、福岡県生まれ
中小企業経営、信用金庫勤務
を経て、2003年
外資系生命保険会社入社
2級FP技能士、2級DCプランナー
モットーは、
◎売り込まない
◎欺かない
◎他社を誹謗中傷しない

■最近の記事
■為替ニュース

blogparts by 外国為替FX@比較

■為替レート

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■ blog の紹介

「外資系生命保険営業マンが 会社に秘密で書くブログ」 http://plaza.rakuten.co.jp/ yukizane/               「生命保険の理解度5倍UP! 専門的になり過ぎない保険の話」 http://blog.livedoor.jp/ geoyukizane/

■リンク
■メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご質問・資料請求など お待ちしています。

■スティッカム
■プチマネープランナー

貯金目標金額と1ヶ月に貯める金額を設定して計算ボタンをクリックすると、目標金額を達成するまでの期間が表示されます。 1年後、5年後にいくら貯まっているかもわかりますよ。 このブログパーツでいっぱいお金を貯めましょう。

■フリーエリア

■FC2ブログランキング
■メルマガの登録・解除はこちらから

メルマガ登録・解除
外貨建て保険で50万円貯めて、海外旅行に行こう!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

■米ドル

■ユーロ

■豪ドル

■RSSフィード
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■月別アーカイブ
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
個人年金の加入状況

年金不安で将来の老後資金を
自助努力で準備しようという動きが
広まっています。
その場合の有力な受け皿が個人年金です。

生命保険文化センターによれば、年金型商品の
世帯加入率は24.4%で、年間の払込保険料は
21.6万円になります(H18年)。

世帯あたりの一時払いの個人年金保険の払込保険料は、
637万円です
1000万円以上払い込んでいる世帯の割合も加入世帯の2割を
超えています。

持っている人は本当に持っているんですね

個人年金を一時払いする方、探してま~す



年金型商品:個人年金保険、変額個人年金保険、
かんぽの年金保険、JA年金共済、全労災のねんきん共済、
損保の個人年金など




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

未分類 | 23:59:15 | Trackback(0) | Comments(0)
満期保険金の税金(2)
金融類似商品に該当しない満期保険金は、
保険料負担者自身が満期保険金を
受け取るので、一時所得として
所得税・住民税の課税対象になります。

計算式
満期保険金-払込保険料-特別控除額50万円
が一時所得の金額になります。

ただし、現在の低金利時代には、よほど
多額の契約をしていなければ、50万円も
益が出ることなんて考えられませんよね



未分類 | 15:37:56 | Trackback(0) | Comments(0)
満期保険金の税金(1)
5年以内に満期になる一時払い養老保険などは
金融類似商品とみなされます。
満期時受取額から払込保険料を差し引いた額に
対して、20%の源泉分離課税が行われます。

低金利時代、差益に対して20%源泉分離課税だなんて

*契約者と満期保険金受取人が同一人物の場合
*源泉分離課税20%のうち、15%は所得税、5%は住民税


未分類 | 23:50:03 | Trackback(0) | Comments(0)
ドルコスト平均法
ドルコスト平均法とは、積立の話になると
よく出てくる投資手法です。

例えば、為替商品の場合、定期的に
同じ為替商品を同じ額だけ購入していくと、
円が高いときには、多くの外貨を購入する
ことになり、円が安いときは逆に少しだけに
なり、結果的に平均買付コストを
引き下げる効果があります。

一度にすべての投資をするのではなく、
積立にすることで、時間と分散を図り、購入
コストを下げることになります。

未分類 | 00:00:05 | Trackback(1) | Comments(0)
学校施設整備
私の住んでいるまちでは、各小中学校から出された施設改善の
要望に基づいてPTA連合会が調査し、優先順位をつけて行政
に陳情するというシステムです。

私はPTA役員なので、半日かけて各小中学校をまわり
調査しました。

わがまちも財政はひっ迫しており、学校側の要望にこたえ
られるのもほんのわずかです。

自分たちの学校をよくするためには、行政に陳情するだけでなく、
これからは自分たちに何ができるか、を考えていく時代だと思います。


また、校長や教頭といったトップの指導力で、学校の雰囲気が
随分変わることを実感しました。


保険の営業マンは自分自身で時間管理します。
融通がきく反面、それを見込んで頼られるのもつらいです


未分類 | 23:35:59 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。